ビジネスマナーを守る

電話のビジネスでの重要性

ビジネスにおける電話のマナー

ビジネスにおいて電話対応のマナーはとても重要です。なぜなら、顔や表情が見えないので話し言葉でその企業のイメージが決まってしまいます。電話を取る時は慎重にならなければなりません。新入社員研修では必ずと言っていいほどビジネスマナーの指導があります。新人の頃はベルが鳴るとドキッとするものですが、慣れてくると楽しくなるものです。コールセンター以外では同じ企業の同じ人がかけてくることが多いので話をしているうちに打ち解けてくるでしょう。マニュアル通りの対応はもちろん間違いがないのですが、営業の場合は人柄も取引をするうえで大切です。

配慮を加えた言い方を

日本だけでなく、海外でも必ず使うビジネス用語で、「少々お待ちください。」があります。お客様との対応で、少し場を離れる時に使うので、相手に不安を与えないようにしたいですね。「please,wait.」は悪くはないのですが、少し軽い表現なので危険です。お客様に少々お待ちくださいというニュアンスを込めたい場合には、「Just a moment please,sir.」など、「少しの間だけ」という言い方の表現をしたり、「I'll be back in a few minutes.」のように「数分程で戻りますので。」など、すぐ戻る事を約束する言葉を加える事で相手に安心感を与える事ができます。お客様に不安を与えないマナー用語として覚えておくと良いでしょう。

↑PAGE TOP